キャスト(2/3)

佐田真由美(さだ・まゆみ) AS 來香

写真:佐田真由美

1977年8月23日生まれ、東京都出身。
幼少の頃よりモデルとして活動し、女性を中心として絶大な人気を得る一方、2001年に1stシングル「pray/discovery」でアーティストデビューを果たす。そして、女優デビュー作となる西村了監督作『天使の牙 B.T.A.』(03)でいきなり主役の座を射止める。現在は女優としての活動を中心としてCM、テレビ、雑誌で活躍中。TVドラマでは、「花より男子」(05/TBS)、「花より男子2リターンズ」(07/TBS)といった超人気シリーズ、「パパとムスメの7日間」(07/TBS)、「働きマン」(07/NTV)などの話題作に多数出演。主な出演映画に紀里谷和明監督作『CASSHERN』(04)、佐野知樹監督作『変身』(05)、大江利哉監督作『RAINBOW DRIVEINN』(06)、小田一生監督作『カンフーくん』(08)、曽利文彦監督作『ICHI』(08)など。様々な役どころを演じ、女優としての地位を確固たるものにしている。

質問「あなたにとってハンサムって?」

一言、「心がハンサムであれば、全てがハンサムになる」という事だと思います。やっぱり、いくら外見が良くても、心が貧相になると、全部見た目にも出てきちゃうと思うんです。やっぱり心を 「ハンサム」に保つことが一番だと思います。


大島美幸(おおしま・みゆき) AS 橋野本江

写真:大島美幸

1980年1月13日生まれ、栃木県出身。
1998年、黒沢かずこ、村上知子と共にお笑いコンビ森三中を結成。バラエティ番組を中心としながら、ドラマ・舞台と幅広く活躍している。主な出演作に「下北サンデーズ」(06/EX)、「あんみつ姫」(08/CX)などのTVドラマから、岩本仁志監督作『明日があるさ THE MOVIE』(02)などがある。また、マイケル・アリアス監督作『鉄コン筋クリート』(06)や清水崇監督作『呪怨 パンデミック』(06)では声優として出演。TBS「Goro’s Bar」ではコンビではなく一人でのレギュラー出演もしている。2002年10月には本作『ハンサム★スーツ』の脚本を担当している鈴木おさむと交際期間0日という驚きのスピード結婚が話題に。2008年6月には、そんな結婚生活を綴った「ブスの瞳が恋されて」(マガジンハウス刊)を出版した。公開待機作として犬童一心監督作『グーグーだって猫である』(08)がある。

質問「あなたにとってハンサムって?」

「ハンサム」とは、主人の事です(ハートマーク) 顔も、ウチの主人は誰が何と言おうと、カッコいいんですけど、やっぱりハートも「ハンサム」、ですね。拾い食いをしても全然怒らなかったです。だからそういうことを見ちゃうと、あ〜この人「ハンサムだな」って。何しても許してくれる広い心を持ってる男性、これがこそがハンサムです。


池内博之(いけうち・ひろゆき) AS 狭間真介

写真:池内博之

1976年11月24日生まれ。
大森一樹監督作『ドリームスタジアム』(97)で映画デビュー後、数々の映画、ドラマ、舞台、CMで活躍、2000年度エランドール新人賞も受賞。主なドラマ出演作としては「肩ごしの恋人」(07/TBS)、「猟奇的な彼女」(08/TBS)、「ヒットメーカー阿久悠物語」(08/NTV)など。出演映画には黒沢清監督作『カリスマ』(99)、行定勲監督作『ロックンロールミシン』(02)、篠原哲雄監督作『昭和歌謡大全集』(03)、北村龍平監督作『ラブデス』(07)、中村義洋監督作『チーム・バチスタの栄光』(08)などがある。また、自身の初監督作となる『13の月』(06)ではクリエイターとしての才能も発揮し、ますます今後の幅広い活躍が期待されている。

質問「あなたにとってハンサムって?」

やっぱり「ハート」じゃないですかね?! そうだと思います。「優しさ」だったり、友達を気にかけるとか、なんかそういう「ハートのいいヤツ」。さりげなく気を遣えるというか、サラッと言える様な人って結構カッコいいなって思いますけどね。


本上まなみ(ほんじょう・まなみ) AS 谷山久恵

写真:本上まなみ

1975年5月1日生まれ、大阪府出身。
女優として、ドラマ、映画、CMなどで活躍する。その一方で、CX「ザ・ベストハウス123」では司会を務め、BS-NTV「トラベリックス〜世界体感旅行〜」ではナレーションを、NHK教育アニメ「おでんくん」では主役おでんくんの声優を務めるなど多岐に渡る才能を発揮。また著書にエッセイ「ほんじょの眼鏡日和」(マガジンハウス刊)や絵本「こわがりかぴのはじめての旅」(マガジンハウス刊)など、その活躍は多岐にわたる。ドラマでは「去年ルノアールで」(07/TX)、「ガリレオ」(07/CX)などに出演。出演映画には、山口雄大監督作『ユメ十夜「第十夜」』(07)、光石富士朗監督作『大阪ハムレット』(08)がある。現在は、09年公開に向けた映画の撮影が進行中である。

質問「あなたにとってハンサムって?」

「ハンサムな人」とは「眼力がある人」だと思います。昔から「流し眼が素敵」だとか、ありましたけど、時代劇でもこう目張りをいれたりとか、やっぱり眼力は大事だなって思います!


佐々木希(ささき・のぞみ) AS 玲美

写真:佐々木希

1988年2月8日生まれ、秋田県出身。
2005年“「週刊ヤングジャンプ」オーディションギャルコン2005 グランプリ”を受賞すると、立て続けに、ファッション誌「PINKY」の“オーディションプリンセスPINKYグランプリ”も受賞。同誌の専属モデルとして活動を始め、現在では単独表紙も飾り、同世代から絶大な支持を集めるトップモデルとして活躍。最近では、雑誌誌面にとどまらず、日本コカ・コーラ「爽健美茶」、「So-net」といったCMをはじめ多数の広告に出演。さらに、TOKYO MX TVでのレギュラー番組「ガリンペイロ eX」ではMCにも初挑戦するなど、テレビでも活躍の場を広げている。また8月1日に発売された初の写真集「nozomi」(集英社刊)も好評を博し、ますますファンは急増中。本作は、満を持しての映画初出演となった。

質問「あなたにとってハンサムって?」

夢に向かって、頑張ってる姿・・・男女問わずそれが私は一番「ハンサム」だなと思います。やっぱり人が一生懸命頑張っている姿っていうのは、オーラとかキラキラして見えるんです。やはり人は中身が一番大事だと思っています。


山本裕典(やまもと・ゆうすけ) AS 大沢勇気

写真:山本裕典

1988年1月19日生まれ、愛知県出身。
2005年、“JUNONスーパーボーイ・コンテスト”で準グランプリ、フォトジェニック賞、読者投票1位を受賞、「仮面ライダーカブト」(06/EX)で仮面ライダーサソード・神代剣役でドラマ初出演を飾る。その後オールスター秋の感謝祭(06/TBS)の赤坂5丁目ミニマラソンで1位を獲得したことで注目を集め、その後出演したドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス」(07/CX)で一気にブレイク。現在は、TVドラマを中心に活動する一方、数々の雑誌で連載を持つなど絶大な人気を集め、今後の活躍が期待される若手俳優の一人。本作が記念すべき映画初出演となる。現在は、北川景子と共に月9ドラマ「太陽と海の教室」(08/CX)に出演中。

質問「あなたにとってハンサムって?」

この映画の内容の様に、外見とかだけではなく「心」「性格」「中身」がカッコイイ男性女性が「ハンサム」なんだなって思います。俺はまだまだです。まだまだ勇気君(役名)と同じです。 これから「ハンサム」になっていきたいなと思っています。


前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

©2008 『ハンサム★スーツ』製作委員会