イントロダクション

洋服の青山の店長・白木とひげの男・沢田に「ハンサムスーツ」を見せられて呆然とたたずむ琢郎。 「ハンサムスーツ」の外見は4頭身の白い着ぐるみ。頭部は張り付いたような笑みを浮かべている。

着れば、ハンサム! 着れば、ハッピー?!
アナタの変身願望、叶えます!

笑って泣いて明日の自分が好きになる、スーパードリーム・エンタテインメント!

着るだけでハンサムになれるスーツがあったら、どうしますか?

唯一無二のブサイク塚地武雅が、“ハンサム・スーツ” を着るだけで、完璧なハンサム谷原章介に大変身! 待っていたのは夢に見たハンサムライフ! のはずが、何かが違う。ハンサムになったらすべてが上手くいくと思っていたのに……。人ってやっぱり外見?それとも中身? 本当に大切なものって一体何……?


誰もが抱えるコンプレックスに焦点を当て、誰も考えつくことのなかった“ブサイクをハンサムに変身させるスーツ” という独創的な企画を生み出したのは、妻・大島美幸(森三中)とのバラ色の夫婦生活を描いた「ブスの瞳に恋してる」の鈴木おさむ。その破天荒なアイデアを、売れっ子CMディレクターにして本作が映画初監督となる英勉が、目から耳から全てが楽しいエンタテインメントへと昇華させます。思いっきり笑って驚いてハッピーになった後、きっと身近にある“小さな幸せ” の大切さに気付き、心がじんわり熱くなる! 時代は「イケメン」から「ハンサム」へ! みんなの変身願望と幸せ願望を叶える、誰も観たことがない、誰もが待ち望んでいたスーパードリーム・エンタテインメントの誕生です!

大木琢郎は母親の遺した定食屋“こころ屋”を経営する心優しいブサイク男。美人アルバイトの寛子ちゃんに恋するが、あっさり振られてしまう。ところがある日、琢郎は着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れ、目の覚めるようなスーパーハンサム 光山杏仁(谷原章介)に大変身! これで寛子ちゃんにも好かれるはず、だったが……
寛子ちゃんとの恋の行方はいかに?!杏仁となった琢郎の驚きのハンサムライフが始まる!

全く新しいオリジナルなアイデアでパワフルなエンタテインメントを創り上げたのは、“面白さ” にとことんこだわる豪華なスタッフ、キャストたち。「SMAP×SMAP」等を手掛ける日本一忙しい放送作家 鈴木おさむと、『ラブ★コン』のプロデューサー山田雅子が作り出した驚きのプロットを、年間30本以上のCMを手掛ける売れっ子ディレクターにして本作が映画初監督となる英勉と、POPでキュートな感性が人気のカメラマン 飯田かずなのビジュアルディレクションによりハートフルに映像化。

杏仁が両手を広げ寛子の行く手を阻んでいる。

定食屋“こころ屋”を経営する心優しいブサイク、大木琢郎にドランクドラゴンの塚地武雅。琢郎がスーツを着て変身する超スーパーハンサム、光山杏仁には谷原章介。二人は同一人物、驚きの二人一役! そして、琢郎が恋する美人アルバイトの寛子ちゃんを北川景子が演じる他、佐田真由美、大島美幸(森三中)、池内博之、本上まなみ、佐々木希、山本裕典、ブラザートム、温水洋一、中条きよし、伊武雅刀はじめ個性的で超豪華なキャストが集結。

さらに全編をポップに楽しく彩るのは音楽、ファッション、ギャグ、フードといったエッセンスの数々。本作のテーマソングである渡辺美里の「My Revolution」に気分全開、その他誰もが知っている80〜90年代の名曲で感情は最高潮に! そして史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」とコラボレートした豪華なファッションショーのシーンはまさに圧巻。映画として初めてコレクションの本番時に撮影を実施、谷原章介と佐田真由美が実際にランウェイに登場し25,000人の来場者を熱狂させた。さらに『かもめ食堂』『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』のフードスタイリスト飯島奈美が手掛ける“こころ屋”のあったか料理や、琢郎が連発するヴィンテージギャグは見てのお楽しみ。隅から隅まで元気になるハートウォーミングな要素が満載です!

▲ページのトップに戻る

©2008 『ハンサム★スーツ』製作委員会