通販で買えるミノキシジルタブレットはフィンペシアとの併用がオススメ

ミノキシジルタブレット(通称・ミノタブ)は、血行促進作用によって毛母細胞を活性化させて発毛をサポートする役割を持っています。

薄毛・抜け毛治療を進めるにあたって欠かせない成分ですが、実はミノキシジルだけでは不十分。
いくら髪が育ちやすい環境が整っても、抜け毛が止まらなければ育毛に意味はありません。

そこで頼りになるのがフィンペシアという薬。

AGAの原因である悪玉男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)を抑え、薄毛の進行を押しとどめてくれる存在なのです。

積極的な育毛に欠かせない!フィンペシアの働きとは?

フィンペシアで薄毛をストップ

フィンペシアの有効成分はフィナステリドといって、AGAの原因・DHTを阻害してくれるスゴイ存在。

ではDHTの何がいけないのでしょうか。
答えは、髪のもとになる毛母細胞を死滅させてしまうから。

ミノキシジルタブレットを飲んで毛母細胞に栄養分を運ぶことができても、毛母細胞がなくなっていては髪が育ちません。

悪玉男性ホルモンを抑制する!

DHTはもともと身体に備わっているのではなく、男性ホルモンの一種・テストステロンが変質したものです。

テストステロンがDHTに変化するためには、5αリダクターゼという酵素が必要。

5αリダクターゼがなければDHTが発生することはない、つまり毛母細胞が攻撃されずに済むということ。
そこで役立つのがフィンペシアです。

5αリダクターゼの邪魔をして、テストステロンとの結合をガード!

DHTを作らせない=毛母細胞を守る

抜け毛の進行をストップさせ、新しい髪が生え育つ環境を作り出してくれるのです。

フィンペシアの飲み方は?副作用はある?

フィンペシアはミノキシジルタブレットと一緒に飲んでOK。

食前や食後など服用タイミングに指定はありませんが、毎日同じ時刻に飲む習慣をつけましょう。
有効成分の血中濃度を一定にキープすることで、効果が得やすくなります。

1日1回、1錠(1mg)を毎日決まった時刻に飲む
効果が現れるまでに3~6ヵ月、継続して服用する
効果が現れたあとも飲み続ける
※体内から有効成分がなくなると、抜け毛を止める効果もなくなります

フィンペシアには大きな副作用はないものの、男性ホルモンに作用することから性欲減退やEDといった性機能障害が起こる可能性はあります。
じんましんや発疹、むくみなどのアレルギー反応が現れることがありますが、発症頻度は明確にされていません。

フィンペシアの服用に際してもっとも気をつけたいのは、女性や子供に触れさせないことです。
女性の薄毛に効果が認められていないことはもちろん、妊娠している女性の身体に入ると胎児の成長に悪影響をおよぼしてしまいます。
またフィンペシアの成分・フィナステリドは、皮膚から身体に取り込むことが可能。
触れるだけでも摂取できてしまうので、女性が触れることのない場所で保管しておきましょう

ミノタブとフィンペシアのダブル使いがいい理由

ミノキシジルタブレット=攻めのアイテム ▶ 発毛を助けます
フィンペシア=守りのアイテム ▶ 抜け毛を防ぎます

薄くなってしまった毛髪を復活させるためには、ミノキシジルタブレットとフィンペシアの両方が必要です。

DHTから毛母細胞を守り、健康な髪への成長をサポート!
これがAGA治療の基本です。

AGAは進行性の症状なので、フィンペシアを飲まなければ抜け毛は悪化する一方・・(泣)。
ハゲていく自分を受け入れられない限りは、服用を続けなくてはいけません。

反対にミノキシジルタブレットは髪の発育を助ける成分なので、毛量が戻ってきたら服用量を減らす・服用をやめるという選択もアリです。

どちらも通販でカンタンに買えるので、ぜひ併用してスピーディーかつ確実な薄毛治療を目指してくださいね。