ミノキシジルタブレットは女性の薄毛にも効く?

薄毛・抜け毛は男性ばかりではなく、女性にも現れる症状です。
女性の場合は一面に広がるように頭部全体から髪の毛が減っていく、びまん性脱毛症が多くみられます。
薄毛治療薬で有名なものに「ミノキシジルタブレット」があります。
男性型脱毛症で用いられる治療薬ですが、女性にも効果があるのか?と興味を持っている人も少なくないでしょう。
今回は女性の薄毛にミノキシジルタブレットは効果的なのがどうかを説明していきます。

女性もミノキシジルタブレットを服用できる?

女性もミノキシジルタブレットを服用できる?

ミノキシジルは内服薬・外用薬の2つがありますが、日本で認可を受けているのは外用薬のみです。
しかし内服薬のミノキシジルタブレットは、少なからず処方してくれるクリニックは存在していること、個人輸入でも通販が可能であることから、男女問わず薄毛治療に使われています。
薄毛治療薬(内服)にプロペシアやザガーロなども有名ですが、女性の使用はできません。
女性と男性は薄毛の原因が異なるため、効果が望めないという理由や、妊娠中や授乳中の女性が使用すると胎児奇形や重篤な障害を負ってしまう副作用があるからです。
ミノキシジルの場合、女性でも服用が可能です。
ミノキシジルは高血圧治療のために研究されていた成分で、血流を改善する効果があります。女性の脱毛症は、加齢やストレスによって基礎代謝が低下し、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で起こります。

ミノキシジルを投与すると体の血管が拡張し、血流が促進されます。その作用によりホルモンが正常働き、効果が期待できるというわけです。

ミノキシジルで多毛症に!

ミノキシジルタブレットは全身に作用するため、ムダ毛が濃くなることも。
先にもありますが、ミノキシジルはもともと高血圧の薬で、副作用で全身の多毛が確認された事で薄毛治療に使用されるようになった経緯があります。
髪の毛が増えるならまだしも、全身の毛が濃くなるのは避けたい所ですね。
体毛が濃くなることからミノキシジルタブレットの服用をストップする人もいるようです。

妊娠中・授乳中の人は使用できません

発毛効果の認められている成分に「フィナステリド」というものがあります。こちらは妊娠中の女性が摂取すると胎児の成長に悪影響を及ぼす可能性があるものです。
ミノキシジルは胎児絵の影響は報告されていませんが、発毛剤として使用されるようになってから日が浅く、データが取れていないのが現状です。
妊娠中・授乳中の女性がミノキシジルを使用した場合、どんな影響があるのかはっきりとわかっていないため、使用を避けるのが賢明でしょう。

女性は外用薬がオススメ!

ツゲインの画像女性がミノキシジルを使って薄毛・抜け毛の治療をする場合は外用薬がオススメです。
日本皮膚科学会のガイドラインによると、ミノキシジル外用の女性薄毛に対する有効性は、推奨度Aランクとなっています。女性用のミノキシジル外用はリアップが有名でしょう。
6カ月の継続した使用で毛髪数や太い髪の毛の増加が認められています。
女性はミノキシジル外用薬がオススメ!

頭皮に直接吹き付ける外用薬であれば多毛などの副作用は避ける事ができます。
通販サイトではリアップのジェネリックが購入可能です。

女性の薄毛に悩んでいる人は外用薬で改善を目指しましょう。