ミノキシジルは外用薬と内服薬のどっちが効果的?

有効成分ミノキシジルを含むAGA治療薬には、外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)といった2つのタイプがあります。それぞれ海外医薬品の通販で購入可能です。

ここでは2種類の薬の違いを詳しく解説していきます。

【外用薬】塗るミノキシジルの特長

ミノキシジル配合の外用薬について
日本皮膚科学会ガイドラインでは、塗るタイプのミノキシジルに対して有効性が高いことを示すA判定が与えられています。

そのため病院ではプロペシア(フィナステリド)などの内服薬だけではなく、ミノキシジル配合の外用薬を処方されることも珍しくありません。

外用薬は有効成分が頭皮に直接届くため、高い薄毛改善効果が期待できます。そして副作用が少ないという点も魅力的です。

市販されているから入手が簡単!

塗るミノキシジルは市販で買える
ドラッグストアなどで販売されているAGA治療薬として、リアップスカルプDが有名です。これら市販薬には最大で5%のミノキシジルが配合されています。

それぞれ処方箋なしで購入できるものの、第1類医薬品(薬剤師からの購入が必須の薬)に指定されているため、用法・用量に関する説明を受ける必要があります。しかしながら入手方法としては最も手軽です。

また、第1類医薬品はAmazon楽天などの大手通販サイトでも扱われるようになりました。薬剤師による確認が必要ですが、市販薬と同レベルの医薬品が購入できます。

痒みや蕁麻疹などが出る可能性あり

発現率は10%にも満たないものの、人によっては皮膚疾患などの副作用が出る恐れがあります。

塗り薬の副作用
・痒みや発疹
・皮膚炎や蕁麻疹
・液剤が付着した箇所の発熱

年齢が高い男性ほど症状が出やすいとされていますが、皮膚疾患を抱えている方や、円形脱毛症の方なども使用を控えましょう。

【内服薬】飲むミノキシジルの特長

内服タイプのミノキシジルについて
飲むタイプのAGA治療薬にはプロペシアザガーロなどがあります。これらは抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する薬です。

それに対してミノキシジルは血行促進効果によって頭皮の血流を改善し、健康的な髪を育てる作用を持っています。また、毛母細胞の活性化にも効果的で、新たな髪の成長を促す作用もあります。

内服薬の場合、有効成分が身体の中から作用するため、塗り薬よりも高い効果が期待できるでしょう。

基本的に通販でしか買えない

2019年現在、ミノキシジルの内服薬は厚生労働省の承認を受けていません。販売が認められているのは外用薬のみとなっています。

そのためミノキシジル配合の内服薬を扱っている病院はかなり少なく、購入する場合は通販(個人輸入代行)を利用する方法が一般的です。

通販なら処方箋が不要で、ミノキシジル以外の飲み薬も手軽に購入できます。

副作用が出やすいというデメリットも

ミノキシジルという成分は血圧を下げる効果を持っており、時にはそれが重い副作用をもたらすことも考えられます。

飲み薬の副作用
・全身の多毛化(多毛症)
・動悸や息切れ、疲労感
・頭痛

血圧が極端に高い、または低い方、そして循環器系障害を抱えている方の服用は危険です。
健康体であっても血圧異常などの症状が現れる可能性があります。ミノキシジルを内服する場合は低用量(2.5~5mg)から始めましょう。

効果が高いのは飲むタイプのミノキシジル!

薄毛治療にはミノキシジルタブレットがおすすめ
より高い発毛効果を求めているのであれば、やはり内服薬がおすすめです。特にミノキシジルタブレットという商品は人気で、ミノタブという愛称で親しまれています。

副作用が出やすいという難点はあるものの、有効成分の配合量が少ない錠剤であればリスクは低く、初心者でも安心してAGA治療を始められるでしょう。

また、ミノキシジルタブレットと抜け毛を予防する薬(フィンペシアやデュタボルブなど)を一緒に飲む男性も増えています。